ホーム > ここリカ・プロダクション(就労継続支援B型事業所) > ここリカ・プロダクションのメールマガジン創刊号

ここリカプロダクション(就労継続支援B型事業所)

メールマガジンについて

ここリカ・プロダクションのメールマガジン創刊号

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

────────────────────────────────────

ここリカ・プロダクションのメールマガジン創刊号

(2014年6月3日発行)

────────────────────────────────────

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 本メールマガジンは、公益財団法人北海道精神保健推進協会が運営するメディア事業所ここリカ・プロダクション(就労継続支援B型事業所)が情報発信するメルマガです。

毎月一回配信予定です。

=================================================

●メニュー

1. はじめに

2. ここリカ・プロダクションの紹介

3. 今後の予定

4. メンバーの自己紹介

5. 編集後記

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

1. はじめに

「はじめに:障碍があるから見える情報がある」

公益財団法人北海道精神保健推進協会理事長 阿部幸弘

 私達はこのたび、障碍者の手による障碍者と市民のための「メディア事業所」を設立します!…と勢い込んで宣言しましたが、そもそも"メディア"って何でしょうか?よく"媒体"と訳したりもしますが、バイタイ…これまた分かりにくいですね。

 私達が考えているメディアとは、人と人とが互いの思いをやり取りする道具のことです。だから、人が集まってワイワイガヤガヤやれる寄り合い場所や、井戸端会議の井戸端さえも、古くからのメディアということになります。(近所に住んでいないと使えませんが…。)

 やがて文字が生まれ、石や皮やパピルスに刻まれ、グーテンベルクの印刷革命で大量伝達が可能となり、ついには音や動画までも電送したりディスクに刻める時代になりました。これらの道具はぜ~んぶメディアです。そして今や、地球の裏側に瞬時にメッセージを伝えたり、百年後の未来に映画を届けることも当たり前。そのような、時空を易々と越えられる環境に私達は生きています。

 ここまでは、メディアの優れた、そして役に立つ側面のお話しです。

 実はメディアには、困った側面もあると思うのです。それは、使われ方の"偏り"です。

 たとえば、何かと競争し合う我々人類は、従来の武力による戦争に加えて、お金(経済戦争)や情報による争いをエスカレートさせてきました。IT技術が登場した現在は、まさに情報の流れを牛耳ることがパワー(=権力)の源、そんな時代に行き着いたのです。

 このような状況にあって、いつも基本的にマイノリティであらざるを得ない障碍者は、無視されるとまで言わないにしても、なにかと後回しにされる傾向にあるのは事実です。世の中の情報の流れには常に偏りがあるのですが、障碍者は情報弱者にされやすい立場の、代表的なひとつと言えるのではないでしょうか。

 けれども、メディアとはそもそも単なる道具でした。だから原則、誰にも開かれて在るはず、と考えてみました。使いこなすには知識や練習が必要でしょう。しかし、障碍を持ってみて分かることや、その立場で生活していて見えてくる体験もあるはずです。考えてみるとこれらは、実は、貴重な情報なのです。

そして、"誰もが障碍者になりうる"という観点から考えた時、障碍者の持っている情報は、本当はすべての人に有益なものになりうるはずです。

 ここリカ・プロダクションは、このような発想から計画されました。具体的に何をどう発信していくか、またその技術などは、これから徐々に組み立て身に付けて行きます。精神障碍中心の事業所としてスタートしますので、疲れやすい人でも一緒に働けるよう配慮したいと思います。だからじっくり、ゆっくり歩んで行ければと思っています。

 よろしくご支援の程、お願いいたします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

2. ここリカ・プロダクションの紹介…以下のURLをクリックしてください。ここリカ・プロダクションのホームページが見られます。

http://www.kokoro-recovery.org/kokopro/index.html

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

3. 今後の予定…

・メンバーの体験談を、研修等あらゆる場面で発表することも情報発信と考えています。現在先方と打ち合わせ中の事案があります。

・事業所等の取材も検討中です。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

4. メンバーの自己紹介

・初めまして、統合失調症の亜希です。

新しくできる事業所に、楽しみでもあり不安でもあり。

みんなで楽しくできる事業所になったら良いなと思ってます。

よろしくお願いします(^^)

・私は、6月から、こちらで働かせて戴くメンバーの、I.Aです。

病名は、広汎性発達障碍です。

 メデイア系の仕事は初めてなので、カメラ等、機材の初歩的な使い方から学びつつ、

生活リズムを守って、がんばります。

・ココリカプロダクションとは、なんぞや?

自分が、この名前を最初に聞いたときはそう思った。

それが、だんだんとわかると面白いものだということがわかっていった。

仮に成功したなら自分にでも自信がつくのではないか。

自分なりに、全力を投入してみようとする気がしてしまうのである。(K)

・ アスペルガーなので、気になることを言うかもしれないけれど、許してね ファイターズファンのH.S 

・意気込みは、みんなが楽しめるエンターテイメントを発信してみたいです。

夢は、自分でお金を稼いで、趣味のゲームやマンガを思う存分、満喫する事です。

自分の病名は、広汎性発達障害および不安抑うつ障害です。

(M.S)

・数ある夢の1つとして、障碍者に関する作品を作る。見てもらうために全国、海外を旅する。制作秘話などを上映後に述べ、交流する。制作した事業所の仲間との夜のお酒が最高に楽しい思い出となる。未来の充実感から逆算して、生き生きと活動していきたいです。(マルコ)

・私は感情の病気です。季節や天気に振り回され、体力が衰えているにも関わらず気分は上がったり下がったり。そんな中でも、いつも優しい気持ちで、一人一人の心に、思いを送り続けていきたいな。(K.E)

・6月からここりかプロダクションでお世話になります。統合失調症です!

趣味は、競馬にパチンコ、麻雀です!彼女募集中です!(≧∇≦)(Y.K)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

5. 編集後記

・先日、事業所に必要な物を数名のメンバーとスタッフで買いに行きました。(私は殆どついて行っただけですが…。)コーヒーメーカーからウォシュレットまで色々買い揃えました。勿論仕事で使うUSBメモリなんかも買いました。

この前は少しは得意なパソコン技術(変な日本語ですが)を生かして、ひたすらテキストの打ち込み作業。これからの事が不安だったり、期待があったりしてます。

ではまた(I.M)

・事業所の備品も着々と増えています。絶対必需品の掃除機から仕事から開放されて一服するためのコーヒーメーカーなど。そんな買い物の中でこだわったのは、ウォシュレット。お湯を貯水するものでは、某メーカーのでは60秒間しか使えないということなので、使用時際に瞬時で沸かしてくれるものを買いました。来客の際はお試しあれ(笑)(マルコ)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

お問い合わせ・取材申込先

℡ 011-827-9772

e-mail kokopro@kokoro-recovery.org

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

配信停止希望の方は、お手数ですが上記アドレスよりメールにてお知らせ下さい。

ページトップへ