ホーム > ここリカ・プロダクション(就労継続支援B型事業所) > ここリカ・プロダクションのメールマガジン第61号

ここリカプロダクション(就労継続支援B型事業所)

メールマガジンについて

ここリカ・プロダクションのメールマガジン第61号

本メールは、メールマガジンを希望された方、これまでに名刺交換をさせていただいた方に送信しております。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

────────────────────────────────────

ここリカ・プロダクションのメールマガジン

第61号

(2019年6月7日発行)

────────────────────────────────────

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

本メールマガジンは、公益財団法人北海道精神保健推進協会が運営するメディア事業所

ここリカ・プロダクション(通称:ここプロ)(就労継続支援B型事業所)が情報発信するメルマガです。

毎月一回配信予定です。

=====================================================

●メニュー

1.メイン記事

2.新メンバー自己紹介

3.お知らせ

4.編集後記

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

1

●浦河ひがし町診療所での映像上映会と田植え撮影

2019年5月24日(金)に、浦河町にある浦河ひがし町診療所にてここプロが3年かけて撮影してきた診療所の田植え・稲刈りの映像の総集編を上映してきました。 

ここプロではその米作りの様子を2016年から撮影しています。

そうして撮った田植え・稲刈りの映像は毎年、診療所の方へDVDとして納品させていただいているのですが、今年はその作業が4年目に突入したということで、特別編を作りました。

診療所のメンバーもその映像を楽しく観たようで、映像の途中で大きな笑い声が響きました。

また、関係を作らせていただいている浦河の方々に喜んでもらえて、映像編集の苦労が吹き飛ぶ気持ちでした。

夜にご馳走になったカレーは絶品でした。

翌日には恒例となった田植えの映像を撮り、地域の方々との交流を図りつつ札幌へ戻りました。

(I垣 M)

●FMアップル新番組開始!!

ここリカ・プロダクションでは、5月9日(木)からFMアップルにて新番組「ここプロありのままラジオー~ファンキーでいこう!」(76.5MHz)を放送しています。

精神障碍をもっている当事者が、自分たちの目線で伝えるラジオです。

毎週木曜日PM2:30~PM3:00で生放送します。

パソコン、スマートフォンでは「Listen Radio(リッスンラジオ)」等の無料アプリでも聴くことができるので、全国どこからでも視聴できます。

また、FMアップルのホームページから放送の様子をYoutubeライブでご覧いただけます。

どうぞお楽しみに!!

(Y.H)

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

2.自己紹介  

5月10日から正式にここリカ・プロダクションに通い始めました。

好きなことはゲームと映画鑑賞と音楽鑑賞とパソコンです。

S.Kです。

自分が持つは自閉症というもので人と接する時に恐怖や不安感を強く抱いたりします。

これからここプロに通い自分が持つ障碍を受け入れ乗り越えていき動画編集や自分のやりたい事のスキルアップを出来たらいいなと思っています。

これから頑張っていきますのでよろしくお願いします。

3.●今月の仕事 

Facebookでは、随時ここプロの仕事の様子を更新していますので、ご覧ください。

https://www.facebook.com/kokopro616/

●オリジナルDVD発売

新作DVD「社会的企業創造協議会副代表 櫛部武俊(くしべ たけとし) 氏 インタビュー映像」発売開始!(税込5,400円)

現在ここリカ・プロダクションでは北海道にゆかりのある先生、著名人の方々へのインタビュー映像を制作しています。

「当事者がきく北海道にゆかりのあるパイオニアの声」と題して、障碍当事者であるここプロのメンバーがインタビューをしたものです。

第3弾の新作は釧路社会的企業創造協議会副代表(元釧路市職員)櫛部武俊氏です。

櫛部氏は、釧路市で生活保護者自立支援プログラムの元となった事業を釧路で担った人物の一人であり、この取り組みは「釧路モデル」として全国的に注目を集めています。

予告動画(1分56秒)が完成しましたので、ご覧ください。

https://youtu.be/9grfw3d3-_4

その道の第一人者の声、支援者や学生など幅広い方々に是非見て頂きたいと思います。

●「当事者がきく 北海道にゆかりのあるパイオニアの声Vol.1」

第一弾は、日本人初の作業療法士、鈴木明子先生インタビューDVD絶賛発売中!!(税込5,400円)

日本作業療法士協会初代会長であり、わが国の作業療法のパイオニアとして長年その育成のために尽力された鈴木明子先生の貴重なお話をDVDに収録し、絶賛発売中です!

PR動画(25秒)

https://youtu.be/nSSaBfMhVII

●「当事者がきく 北海道にゆかりのあるパイオニアの声Vol.2」

第二弾は、長年、べてるの家の当事者たちを医療面から支えてきた精神科医の川村敏明氏。(税込5,400円)

浦河赤十字病院が精神神経科病棟を休止した2014年に同病院を退職し、浦河町内に診療所を開業して引き続き地域精神科医療を支えています。

インタビューでは、「組織での仕事の仕方」「ピアの効果」「患者と医者の関係」など盛りだくさん。

全国にファンを持つ川村先生の言葉、ぜひ受け止めてみて下さい。

PR動画(約2分)

https://youtu.be/NcspRDLa7d4

●「実習生から精神保健福祉士へ~3年後の今~Vol.1」DVDが発売中!!(税込3,500円)

当事業所に実習に来た学生が精神保健福祉士として成長する姿をたどったインタビュー映像です。

冒頭には北海道医療大学客員教授の佐々木敏明先生に精神保健福祉士を目指す人に向けた貴重なメッセージを収録しています。

幅広い方々に是非観ていただきたいと思います。

PR動画(1分38秒)

https://youtu.be/7BdunjkYPJo

●「実習生から精神保健福祉士へ~3年後の今~Vol.2」DVDが発売中!!(税込3,500円)

PR動画(1分41秒)

https://youtu.be/0DdYo3rVYsU

※上記5点のDVDのご購入はここプロまでご連絡ください。ホームページから購入も可能です。

●MCガッキーのヒップホップCD「ほしいのはピース」絶賛発売中(税込500円)

ここリカ・プロダクションでは、メンバー板垣実が2017年度の市民メディア・フェスティバル(第15回市民メディア全国交流集会 湘南ひらつかメディフェス)で発表したドキュメンタリー作品内で使用したラップ音楽のCD「ほしいのはピース」を販売しております。

精神疾患に対する想い、病気や偏見の目への葛藤や支援者の考え、板垣が考えた熱い想いが詞に込められています。

興味のある方は、ぜひここリカ・プロダクションまでご連絡下さい!

ドキュメンタリー作品映像のYouTubeリンク↓

https://www.youtube.com/watch?v=nmzpW7J-62g

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

4. 編集後記

この前、劇団四季のリトルマーメイドを観に行って来ました。

会場は老若男女で埋め尽くされ、みんな開演を楽しみにして目がキラキラしていたような感じがしました。

もちろん、私もです。

演者と観客と会場が一体となって、素晴らしい時間を過ごす事ができました。

北海道四季劇場がこの公演で終了となることがとても残念に思います。

「北海道から劇団四季が撤退することはない」

「劇場終了後の公演スタイルは未定だが、地元と相談しながら検討したい」

(記事引用道新ウェブ)

ということで檄を飛ばして欲しいです。

(a.o)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

<お問い合わせ・取材申込先>

公益財団法人 北海道精神保健推進協会 

ここリカ・プロダクション

札幌市白石区平和通15丁目北13-18

TEL・FAX 011-827-9772

e-mail kokopro@kokoro-recovery.org

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

配信停止希望の方は、お手数ですが上記アドレスよりメールにてお知らせ下さい。

ページトップへ